日焼け肌も地黒肌も全身脱毛可能?日焼けや地黒NGの脱毛サロンの特徴

春から秋にかけて紫外線が強くなる季節、歩いているだけでも日焼けをしてしまいます。
ですが日焼けした状態で脱毛サロンに行くと脱毛できないと申し出られてしまうことも。日焼け以外にも地黒肌など色黒の場合は施術ができないことがあります。
その理由はどうしてなのか脱毛サロンが導入している脱毛方式の違いについても確認しておきましょう。

 

 

日焼け肌や地黒肌は脱毛できないって本当?

脱毛とは施術によって毛が抜けることなのでお肌の色は関係ないように思えませんか。
しかし、多くの脱毛サロンでは日焼けしているお肌や自黒肌の方の脱毛をお断りしています。
その理由は、脱毛サロンが導入している光脱毛のメカニズムにあり、毛の中に含まれるメラニン色素に対して働きかける光を照射することで熱を発生させ毛根部分へ高温を伝えます。
毛根部分の細胞は主にタンパク質からできているので、発生した熱によって細胞が凝固して破壊され毛が抜け落ちるのです。

 

メラニン色素は黒色色素とも呼ばれていて、体毛だけでなく褐色肌を引き起こす原因色素になります。
紫外線を浴びて日焼けするほどメラニン色素の量が増えてお肌の色が黒くなりますが、日焼け肌だけでなく地黒肌の人も肌細胞の中のメラニン色素が多いため、光脱毛の光は体毛だけでなくお肌にも反応してやけどなどを起こしかねません。

 

 

脱毛方式によっては日焼け肌や地黒肌は脱毛できないことも

光脱毛の中でも特にSSC方式、IPL方式は日焼け肌や地黒肌がNGとされている脱毛方式ですが、それぞれどのような脱毛方法なのか詳しくご説明します。

 

SSC脱毛はミュゼプラチナムや脱毛ラボで導入されているスムース・スキン・コントロール脱毛のことで脱毛したいと思う部分に抑毛効果があるジェルを塗り、その上から光を照射することでジェルの成分をお肌に浸透させ毛が生えてこないように促します。
ところが照射する光はメラニン色素に反応する性質をもっているため体毛や色素が濃いお肌に反応してしまいひどい場合には照射によってやけどや炎症を引き起こす可能性があり、日焼け肌や地黒肌の方は脱毛サロンではお断りされてしまうのです。

 

 

IPL脱毛はエピレや銀座カラーで導入されていてインテンス・パルスライトという光を照射することで体毛中のメラニン色素に反応させて発熱させます。
照射時には毛根部分の細胞をダイレクトに破壊して脱毛させますが、発熱するときはかなり高温になることから通常の施術でも熱がお肌に伝わってやけどしてしまって強い痛みを伴います。
自黒の方や日焼けしてすぐの方は肌細胞の中のメラニン色素が多くあるためIPL脱毛での施術時の光もお肌に伝わりやすくなりSSC脱毛と同様やけどや炎症を起こしかねません。

 

どの程度の地黒や日焼けしているお肌だと脱毛できないのか気になるところですが、判定基準は脱毛サロンによってマチマチのため、自分のお肌の色が気になる場合はカウンセリング時にサロンスタッフに相談してみるとよいでしょう。

 

 

日焼け肌や地黒肌でも脱毛できる脱毛方式は?

日焼け肌や地黒肌の方は脱毛できないのかと落ち込んでしまいがちですが、ハイパースキン脱毛やSHR脱毛ではお肌の色を問うことなく脱毛することができます。
ハイパースキン脱毛はディオーネで導入されている脱毛方法で、毛根近くにあるバルジという発毛因子に働きかけてバルジを破壊することで脱毛を促し、メラニン色素の量にかかわらず脱毛効果が得られます。
施術時には高温が生じることもなく38度くらいのじんわりと暖かな光を照射する程度なのでやけどの心配もなく施術時に感じがちな痛みもほとんどありません。

 

 

SHR脱毛はストラッシュで導入されている脱毛方式でスーパー・ヘアー・リムーバルのことで蓄熱式脱毛とも呼ばれています。
施術では何度も特殊な光を照射しますが体毛に直接働きかけるわけではなく毛の根元となる毛包にアプローチするためメラニン色素の量に関係なく脱毛できるのが特徴です。
ハイパースキン脱毛もSHR脱毛もメラニン色素にかかわらず脱毛効果が得られるためお肌が日焼けしていたり自黒だったりと色黒でも脱毛できるのが魅力。
SSC脱毛やIPL脱毛に比べると照射範囲が広いので施術時間が短く痛みが少ないというメリットもあります。

 

 

SSC方式やIPL方式はNG!日焼け肌や地黒肌は気をつけて

日焼け肌や地黒肌の人が脱毛をする場合、メラニン色素に働きかけるSSC方式やIPL方式ではお肌の黒さに反応してやけどを起こしたり熱をもって赤味を帯びる心配があります。
どの程度の日焼けで脱毛できなくなるかについてはサロンによっても異なるので確認しておきましょう。
また、脱毛している間はなるべく日焼けしないように気をつけることも大切です。