全身脱毛を受けたい!しちゃいけないことってあるの?

全身脱毛の施術の前には、してはいけないことや守っておくべきことがあります。
せっかく全身脱毛を受けるのですから、その効果を最大限に享受したいもの。

 

全身脱毛は、長きにわたってスケジュールが決められていきます。
スケジュールどおりに脱毛していくためには、その都度しっかりとルールを守っていくことがスムーズな進行につながります。

 

禁止事項を細かくみていくと、全身脱毛前日、当日、施術後で分類することができます。
これらのことをしっかり守ることで、最高のつるすべお肌を早く手に入れることが可能ですので、早速チェックしていきましょう。

 


全身脱毛・前日の禁止事項について

全身脱毛前日のおもな禁止事項は以下の通りです。

  1. ムダ毛を毛根から引き抜いてしまうこと
  2. 日焼け
  3. 薬の服用や塗布、注射
  4. 飲酒

 

ムダ毛を毛根から引き抜いてしまうこと

脱毛前にはサロンからシェービングをしておくように指示されることがほとんどです。
全身脱毛はメラニン色素に反応する光を使用しますので、自分でムダ毛を処理する際に毛根からムダ毛を引き抜いてしまうと、反応する部分がなくなってしまいます。

 

日焼け

また光は黒いものに反応しますので、日焼けした肌に施術することは痛みの原因や、肌トラブルにつなってしまいます。
もちろん日焼け直後の赤い肌にも施術することはできません。
脱毛サロンから渡される注意事項にも、これらのことはしっかりと書かれていますので、うっかり日焼けしてしまわないよう気をつけましょう。

 

薬の服用や塗布と予防接種

薬の服用や塗布も前日にはすることができません。
うっかり飲んでしまったことを忘れていて、脱毛サロンで「薬を飲んでいませんか?」と質問されたときに気づいても、ごまかして脱毛を受けてしまおうなどと思ってはいけません。
光が当たることにより思いがけない反応が現れることがありますので、事前に薬の服用や塗布を止めるための対策をしておきましょう。

 

そして脱毛前には、予防接種などの注射も受けることができません。
注射の後は体調が不安定になりがちですから、どうしても予防接種を受けたい場合は、脱毛の1週間以上前か、施術後に受けられるように調整しておいてください。

 

スキンケアについては

脱毛前日までは保湿クリームをつけることができますから、当日につけることができないぶん、事前にしっかりとケアをしておくといいでしょう。
前日にあわててケアしてもあまり効果がありませんので、数日前から入念に保湿を行っておいてください。

全身脱毛・当日の禁止事項について

全身脱毛当日のおもな禁止事項は以下のとおりです。

  1. ボディクリームやオイルなどの保湿剤、日焼け止め、制汗剤などをつけること
  2. 当日のシェービング
  3. 飲酒
  4. 運動
  5. 薬の服用や塗布

 

お肌に何もつけていかない

脱毛の効果を最大限に得るためには、お肌に何もつけていかないことが大切です
普段していることを無意識にやってしまわないよう、当日は注意を払っておきましょう。
脱毛当日の化粧水などのフェイスケアに関しては、顔の脱毛をしない場合はいつものお手入れをしても大丈夫です。
ですがボディケアについては、脱毛当日に保湿クリームをつけるなどをせず、そのままでサロンに行くことをおすすめします。

 

当日のシェービング

事前にシェービングをしたにもかかわらず、当日剃り残しを見つけた場合や、忙しくて前日までにシェービングを終えられていない場合などにも、あわてて脱毛当日に剃ることはやめましょう。
肌トラブルの原因となり、思いがけない反応が出てしまう可能性があるのです。

 

飲酒

脱毛当日の飲酒や薬に関しては、前日の禁止事項と同様、思いがけないトラブルの原因となりますので禁止です。
うっかりやってしまわないように、あらかじめ見えないところに隠しておくなどの工夫をしてみてください。

 

運動やマッサージ

脱毛前の運動やマッサージについても、体温が上がり発汗が促進されてしまいますので控えましょう。
そして入浴に関しては、脱毛前はシャワーのみでさっと済ませ、なるべく体を温めないように心がけてください。

全身脱毛・施術後の禁止事項について

脱毛後のおもな禁止事項は以下のとおりです。

  1. 運動や発汗を促す行為
  2. 雑菌や肌への刺激が多くある場所に行くこと
  3. 飲酒
  4. 日焼け
  5. 注射
  6. エステやマッサージ
  7. クリームや制汗剤などを肌につけること

 

脱毛後のお肌はとてもデリケートになっていて、ぱっと見てどうもなっていなくても、脱毛後は静かに過ごすようにしてください。
お肌に熱がこもっていますので術後はクールダウンを行い、逆効果になってしまう温泉やサウナ、岩盤浴などは避け、冷水であってもプールなどの塩素や雑菌が多い場所も当日はやめておくほうがいいですね。

 

施術前につけられなかったボディークリームや制汗剤なども、脱毛後につけることは控えましょう。
運動したり、紫外線が当たってしまう場所に行くこともいけませんから、外出は極力控え施術後は自宅に直帰するようにしましょう。

全身脱毛を成功させたいなら、禁止事項はしっかりと守ろう!

全身脱毛には、多額の費用とスケジュールのやりくりが必要となります。
コースによっては施術できる回数が決まっていることもありますので1回ずつを大切にしたいもの。

 

サロンに出向いて脱毛をするたびに、上記の禁止事項を守る必要があります。
正直なところ面倒くさいと思う気持ちもありますが、最大の効果を得るためには、これらの禁止事項を守らなければならないのです。
普段何気なくしていることをうっかり当日にしてしまったり、もう施術が終わったからといって気が抜けてつい手を出してしまったりすることは避けなくてはなりません。

 

施術の回数がどうしても多くなる全身脱毛ですが、その期間中はしっかりと気を引き締めて、前日・当日・脱毛後の禁止事項を守りましょう。
どの禁止事項にもきちんと理由があります。
それを知ることで「どうしてこんなことしなくちゃならないの?」「少しくらいいいよね」という気持ちになることが減るでしょう。
それは脱毛が完了したあと、仕上がりの差として自分に返ってくることなのだと知っておいてくださいね。