全身脱毛のムダ毛の事前処理をしておく理由とNG自己処理

脱毛サロンで全身脱毛をする際は、ムダ毛の事前処理をしておく必要があります。

 

でもどうして自己処理をしておかなければならないのでしょうか。

 

自己処理をする理由とやってはいけない自己処理方、処理をするときのコツをご紹介します。

 


どうして全身脱毛前に事前処理が必要なの?

全身脱毛で事前処理が必要とされる理由は光脱毛のメカニズムにあります。

 

光脱毛は、特別な波長の光をお肌に照射して脱毛する方法で、特殊な光は毛の中にあるメラニン色素に反応して熱を生じさせ、毛が生えている毛根部分の組織を弱くします。

 

毛が伸びすぎていると熱が発生しても毛根部分まで効率的に伝わらないため、あらかじめ短くしておかなければなりません。


事前処理で得られるメリットとは?

事前処理を行っておくメリットは、なんといっても光を照射したときの熱エネルギーが毛根部分に届きやすいという点が挙げられます。
また、自己処理をしておくことで、脱毛サロンのスタッフに大量のムダ毛を見せなくて済むので、恥ずかしい思いをしなくて済むのもメリットと言えますね。

 

事前処理のやり方はとても簡単で、電気シェーバーを肌に当ててゆっくりと動かしていきます。
全身脱毛の施術を受ける前日、もしくは前々日に処理をしておきましょう。

 

また、自分で処理をしなかった場合、サロンにて処理をお願いしなければなりません。
サロンで事前処理をすると、追加費用が必要となるので、自分で処理をしておく方が節約にもつながります。

 


これはNG!やってはいけない自己処理方法

自己処理をするときにやってはいけない3つのポイントがあります。

  1. どこまで剃るか
  2. 自己処理をするときの道具選びとやってはいけない処理方法

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

どこまで剃るか

全身脱毛はその名の通り、体中のムダ毛を脱毛します。
脱毛サロンにもよりますが、顔やVIOなどのデリケートゾーンも脱毛範囲に含めているところもありますよね。。
脱毛を行う範囲については事前処理が必要となるので、VIOに関しても基本的には脱毛したい部分の毛は剃っておく必要があります。

 

ここで悩むのがどこまで剃るかです。
剃り過ぎると脱毛範囲も広くなるので、注意して剃らなければなりません。
サロンによっては、美しいV字型のアンダーヘアを作るためのVラインのプレートが配布されるので、テンプレートをあてながら剃ってみましょう。
テンプレートを利用するときれいな形に剃ることができるので、脱毛後もきれいなラインをキープできますよ。

 

脱毛に用いる道具について

脱毛の自己処理の秘訣は、少しだけ毛の長さを残しておくこと。
少し長さがあることで、より効率的に毛根部分にダメージを与えることができます。
ここで毛を抜いてしまうと、光を照射しても熱が発生しないため脱毛効果が得られません。
毛抜きでの事前処理は毛自体がなくなるため、事前処理に使わないようにしましょう。

 

また、カミソリも事前処理に向いていません。
カミソリでムダ毛を剃ると、ムダ毛と共にお肌の表面も削られて、外部刺激に弱くなってしまいます。
その後に光照射を行うと、発生する熱でお肌にダメージが加わり乾燥が進んでしまいお肌がかさつく原因になったり、炎症を起こす原因にもなるので、事前処理でカミソリを使うのは厳禁です。

 

そこでお勧めしたいのが電動電気シェーバーです。
電気シェーバーはお肌には直接刃が触れずにムダ毛を剃ることができ、お肌へのダメージも軽減できるので事前処理にはピッタリです。

 

また、除毛クリームも事前処理に向いているグッズです。
除毛クリームはムダ毛がある部分にクリームを塗り、数分おいてからヘラでクリームを取り除きます。
クリームと共に柔らかくなったムダ毛が取り除かれるので、簡単に事前処理を済ませたい方におすすめです。

上手く自己処理するコツは?

では、自己処理を上手くするコツはあるのでしょうか。
特に背中など手の届かない個所は自己処理が難しいですよね。

 

サロンによっては背中など手の届かない個所は、サロン側で処理してくれるところもあります。
有料にて剃ってくれるサービスもありますが、1回あたり500円〜2,000円程度かかってしまうので出費がかさんでしまいます。

 

そんなときに有用なのが除毛タオルです。
タオルに産毛をこそげ落とす機能が備わっているので、背中を洗う要領で背中をこすります。
入浴時にタオルで背中をこするのを数日繰り返すことで、背中の余計な産毛を取れるので手間がかかりません。

 

また、VIOラインの自己処理もカーブが多く難しいポイントではないですよね。
Vラインについてはテンプレートなどを使うときれいに剃ることができます。

 

Iラインは狭い部位なので、電気シェーバーも使いにくい個所で剃りにくいのが難点です。
ここで裏ワザとして使えるのがフェイス用シェーバーで、ヘッドが小さいのでIラインなどの狭い部分でもきれいに剃ることができますよ。


ムダ毛の事前処理で全身脱毛をスムーズに

脱毛サロンで全身脱毛を受けるには、ムダ毛の事前処理が必要になります。

 

事前処理を行うことで熱エネルギーを効率的に発生させ脱毛効果が生じやすくなります。

 

電気シェーバーは自己処理にぴったりで、きれいに事前処理を済ますことができますよ。